jpg



天国に旅立ったチワワチョビくん
飼い主さんはすでにお亡くなりになっていますが、生前の意向により散骨をしました。
ずっとチョビくんのことを気にかけていましたが、土に帰すことが出来ました。
お預かりしたときはすでに糖尿病になっており、朝晩のインシュリン注射も嫌がることなくさせてくれたチョビくんでした。
そちらの世界では元気な姿で過ごしていることでしょう。